廃棄物連続炭化装置

東上ガスがご提案する「連続炭化装置」は、食品廃棄物、生活廃棄物等を大量に炭化することで、ゴミ問題の解決、並びにリサイクルを図るエコ・ソリューションです。

現状では、レストラン等の外食産業での食べ残し生ゴミ、コンビニなどから廃棄される期限切れ食品などは、十分に分別がなされず、リサイクルが難しい状態にあります。また、堆肥へのリサイクルが各地で進められていますが、その堆肥は十分に利用されず、リサイクルしきれていないのが実情です。

連続炭化装置は、そうした未分別の生ゴミなどを「炭化物」としてリサイクル。ここで生成された炭化物は、田畑等の土壌改良剤として利用できます。
また今後は、住宅の除湿剤等への利用も期待されています。

東上ガスでは、こうした炭化装置等で実績のある庄田機工とのコラボレーションで、お客様のニーズに応じた連続炭化装置を設計、製造しています。


詳しくは、担当までご相談ください。