生ゴミ処理

生ゴミの破砕・脱水による減容

日々発生する生ゴミは、自らが行う中間処理から最終引き渡し、最終処分に多くの時間とコストがかかります。生ゴミを細かく破砕することで中間処理の効率を高め、処理業者への最終引き渡し費用を大幅に低減します。
東上ガスでは、庄田機工とのコラボレーションにより、処理物および処理量に応じた生ゴミ破砕機・生ゴミ破砕脱水機・生ゴミ脱水機を扱っています。

生ゴミの破砕・脱水による二次処理の効率化

生ゴミ処理機、生ゴミ乾燥機などを用いた生ゴミ処理の前処理として、事前に生ゴミを細かく破砕し、水分を減らしておくことで、処理効率が大幅に向上します。
また、大量の生ゴミ処理を行うニーズには、「廃棄物連続炭化装置」「減圧乾燥機」などのアプリケーションも用意しています。

東上ガスでは、現場のニーズを正確に把握し、コンサルティングを行った上で、より適切な生ゴミ処理フローを実現します。